料金ってかかるの?意外と知らない廃車にかかる費用のこと|Pre-sale Motor
HOME>トピックス>料金ってかかるの?意外と知らない廃車にかかる費用のこと

違いを知らないと損するかも

「乗らない車、廃車にしようかな」そうお考えの方は、是非廃車と一時抹消の違いを知っておくといいですよ。違いを知って、あなたの車は廃車か一時抹消かどちらがいいのか見極めていきましょう。

廃車と一時抹消の違いとは?

廃車

廃車とは、車を処分することです。車をバラバラにして乗ることがないという手続きのことをいいます。

一時抹消

一時抹消とは、車の仕様を一時中断するということです。廃車とは違い、車を処分するわけではなく、再開の手続きを取ればいつでも以前のように使用することができます。

車の模型と鍵

持ち込みでかかる費用

自動車は大事に乗れば何年でも乗れます。ただそれなりに老朽化もしますし、中古として売却できないときもあります。その時は廃車にしなければいけません。どれくらい料金がかかるか知っておくと良いでしょう。自分で手続きをする方法があり、その時にかかるのは解体とリサイクルにかかる部分です。さらに必要になるのが永久抹消手続きのための費用があります。リサイクル料金に関しては新車販売年によって異なり、最近の車なら必要ありません。

業者に依頼なら運搬費

自動車を廃車にするとき、ぎりぎりまで乗って持ち込むこともあるでしょう。一方でのらない期間がそれなりにあり、車検なども切れた状態で処理をしようとするときがあります。車検が切れている状態だと公道を走れないので、そのまま運転などはできません。この時は業者に依頼をするとよいでしょう。処理をする現場まで車を運搬してくれます。運搬にかかる料金は数万円ぐらいになるでしょう。すべて行ってもらうなら、内訳を教えてもらうようにしましょう。

戻ってくるお金もある

自動車を廃車にするとお金がかかるだけと考えている人もいるでしょう。意外かも知れませんが戻ってくるお金もあります。自動車税や自動車保険などは実際に乗っている期間分でよいので、未経過分を返金してもらえます。手続きの料金と相殺すると良いでしょう。

広告募集中